乙武洋匡(41)が20代の女子大生と熱愛……しかもザギトワに激似。。。

スポンサーリンク

作家の乙武洋匡(41)が、20代の一般女性と熱愛してるそうで、、、

なんでもその若い彼女はあの平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワはんに激似の美女らしい。。

めっちゃ美人やんけ!

相手は日本人の父親とチェコ人の母親を持ってて、5ヶ国語がペラペラ! しかも現役の女子大生やて!

なんやねん乙武はん。。

身長は170cm超えの長身だとさ。

乙武はん、モテモテやな。

作家の乙武洋匡氏(41)が20代の一般女性と真剣交際していることが2日、分かった。お相手は、日本人の父親とチェコ人の母親を持ち、平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(15)に似た美女。

乙武氏は2001年に早大時代の後輩女性と結婚。2男1女をもうけたが、2年前に週刊誌が不倫を報じ、16年9月に離婚。その後はメディアへの露出を控え、女性との交際も自粛してきたようだが、新たなパートナーのサポートを得て、活動を本格化していくことになりそうだ。

乙武氏の真剣交際が明らかになった。お相手は、氷上の美女・ザギトワ似というだけでなく、超才女のようだ。近い関係者によると、日本人の父親とチェコ人の母親を持ち、5か国語に堪能。大学に籍を置く現役女子大生ながら、現在は休学して教育系の会社を自ら立ち上げ、代表として活動しているという。

端麗な容姿だけでなく、身長170センチ超の長身で際立つ存在。乙武氏は4年前から私塾を主宰し、社会問題などについて定期的に勉強会を行っており、そこに知人を通じて参加するようになったのが出会いのきっかけだという。お相手の両親も2人の交際を認めている。

乙武氏は2001年に早大時代の1年後輩と結婚。2男1女をもうけたが、週刊誌に複数の女性との不倫を報じられ、16年9月に離婚。メディアへの露出も控え、表立った活動を自粛していたが、知見を広めるため精力的に海外を視察。障がい者スポーツやトランスジェンダーなどを公表している性的少数者(LGBT)の取材に取り組むなどしている。これまで50か国近く、最近では英国やスイス、ミャンマー、スリランカなどを訪問。現地で講演会を行う様子を自身のブログやフェイスブックなどでつづっている。こうした海外視察にも新たなパートナーが同行してサポートしているという。

乙武氏の所属事務所はスポーツ報知の取材に「プライベートなことなので、特にお答えすることはありません」とコメント。不倫問題で相当なバッシングを受けた乙武氏だが、知人の1人は「本人もこれまでのことを踏まえて、しっかり考えて行動していると思いますよ」と話している。

◆乙武 洋匡(おとたけ・ひろただ)1976年4月6日、東京都生まれ。41歳。早大政治経済学部卒。先天性四肢切断の生活体験を在学中につづった「五体不満足」がベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍。杉並区立杉並第四小学校教諭、東京都教育委員を歴任。14年に地域密着を目指すゴミ拾いNPO「グリーンバード新宿」を立ち上げ、代表に就任。15年4月から政策研究大学院大学の修士課程で公共政策専攻。

スポンサーリンク

【ブログランキング】

皆様の清き1票が励みです!

↓↓↓