【平昌五輪】瞬間最高視聴率42.3%!! やはり“あのシーン”だった……

2018年2月28日

スポンサーリンク

世界中を盛り上げた平昌五輪も昨日に閉会式を迎え、遂に終わってしまいましたな。

そんな冬の祭典にて、なんとカーリング女子準決勝の日本vs韓国戦は平均視聴率が25.7%(関東地区)!!

そして、3位決定戦で英国に勝利した日本のカーリング娘が喜び合うシーンの瞬間最高視聴率は驚異の42.3%!!

この記録にはカー娘の吉田知那美も「え、すご〜〜い! 紅白歌合戦みた〜〜い!」とリアクション。

スキップの藤沢五月も「すごい! 帰るのが寂しいです」とコメントしたんやて。

ホンマにおめでとうやで〜。

ふぅ。。明日から何を観て過ごせばええんや。。

関連オススメ記事がコチラ
↓↓↓
「藤沢五月は白鵬に似てる」 “浪速のエリカ様”がまたも失言で大炎上www

韓国www 欧米メディアから一斉に「野蛮人」扱い! その理由が「アレ」を食べるからwww

ただの“女の子”に……ザギトワが完全に羽生結弦の虜になってることが分かる映像
↓↓↓
blog ranking①  blog ranking②  blog ranking③

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)カーリング女子でLS北見の日本が男女通じて初の表彰台となる銅メダルを獲得した英国戦の24日NHK番組(午後7時30分から120分間)の関東地区の平均視聴率は25・0%、関西地区22・1%を記録したことが26日、ビデオリサーチの調べで分かった。

また、準決勝の韓国戦で敗れ3位決定戦へ回った23日のNHK番組(午後7時30分から80分間)の関東地区の平均視聴率は18・8%、関西地区17・3%。その後、ニュースを挟んで敗戦が決まるまでのクライマックス(午後10時から60分間)は関東地区で25・7%、関西地区で25・1%と高い数字を記録した。

準決勝の韓国戦は第1エンドにいきなり3点を失う苦しい立ち上がり。第9エンドを終え6-7と追い上げ、第10エンドに7-7と追いついたが、延長の第11エンドに力尽きた試合内容だった。

3位決定戦の英国戦は、序盤から1点を取り合い、第5エンドを終えて2-3とリードを許した。第8エンドで追いつき、第9エンドで4-3と勝ち越した。最終第10エンド、英国の最後のショットが乱れ、1点をスチールし試合を決めた。

スポンサーリンク

【ブログランキング】

皆様の清き1票が励みです!

↓↓↓