映画『ハムナプトラ』主役が性被害を告白! 「指をお尻の隙間に入れられて……」

2018年3月1日

スポンサーリンク

1999年に映画『ハムナプトラ』で主演を務めた俳優ブレンダン・フレイザー(49)が、ハリウッドから姿を消した理由として、大物会長からのセクハラ行為があったことを告白しておりやす。

大物会長とは、ハリウッド外国人記者協会(HEPA)の元会長フィリップ・バーク氏だとか。

2003年にHEPAの昼食会に出席した際に、

「彼の左手が僕の尻を掴み、1本の指が尻の間の部分に触れて指を動かしてきたんだ……」

と被害を告白。どうやらランチをしている最中に指でこねくり回されたようでっせ。

いやいや、オッサン何してまんねんwww

ハリウッドがやばかったのはハーベイ・ワインスタインだけじゃなかったんやな。。

たしかにブレンダン・フレイザーはその後あんまり映画に出なくなった印象。

ハリウッドが色々とヤバイ記事はコチラ
↓↓↓
【画像】「ほぼ全裸のままカラダを……」 “最も美しい顔”のハリウッド女優が撮影時のセクハラ被害を告白!

【画像】ハリウッド女優が“今でも後悔する”ヌードシーン10選! あの美女も告白「パンティーも脱げと言われ……」

ワインスタインに“口淫”を強要された美人女優ナターシャ・ヘンストリッジ
↓↓↓
blog ranking①  blog ranking②  blog ranking③

稀代の美少女アリッサ・ミラノも性的暴行の被害に
↓↓↓
blog ranking①  blog ranking②  blog ranking③

米映画「ハムナプトラ」シリーズなどで90年代から2000年代にかけて人気を博した俳優ブレンダン・フレイザー(49)が、第一線から姿を消した理由がハリウッド外国人記者協会(HFPA)の会長からセクハラ行為を受けていたことが原因だったと告白した。

2000年代に入ってから出演作が減り、次第に表舞台から姿を決していたフレイザーは、同協会の元会長フィリップ・バーク氏から03年にセクハラを受け、うつ状態になったとGZ誌のインタビューで明かした。HFPAの昼食会に出席した際、「彼の左手が僕の尻を掴み、1本の指が尻の間の部分に触れて指を動かしてきたんだ。気分が悪くなり、小さな子供のように感じた。泣いてしまいそうだった」と語った。

家族にはセクハラ行為について打ち明けたものの、公にする気にはなれなかったと語っている。セクハラ後に「悪いことをした覚えはないが、気分を害することがあったなら意図したものではない」と言う内容の謝罪の手紙を書いたと言われるパーク氏はその後、会長からは退いたものの現在もHFPAの会員であり、同誌の取材にセクハラ行為を行ったことを否定している。フレイザーはハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏のセクハラ行為が公になって以降、多くの女優らがセクハラ被害を訴えたことで、自らの体験を公にする決心がついたようだ。HFPAはセクハラに断固として立ち向かうと声明を発表し、同氏の疑惑について調査する方針を示している。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

スポンサーリンク

【ブログランキング】

皆様の清き1票が励みです!

↓↓↓