ナイナイ矢部浩之、最もギャラが高額だった番組名を暴露! 「引くぐらい高かった」

スポンサーリンク

最近のタレントはんは景気のええ話が多いでんなぁ〜

ナインティナインの矢部浩之が、最もギャラの高額だった番組を明かしておりやす。

22日放送の「アウト×デラックス」で明かしたところによると、「後にも先にも、この世界に入って一番ギャラの良かったのは、『ASAYAN』だった」ようでっす!

「ASAYAN」って今の若い子は絶対知らへんやろうなぁ。

モーニング娘。やら平家みちよ、ケミストリーなんかのアーティストを輩出したオーディション番組や。

平家みちよって誰かって?

ファ!?

モーニング娘。っちゅう奴らは「平家みちよ」オーディションでアカンかった奴らが集まって結成したグループなんやで!

これやから今の若い子らは……。

これで13歳?? 後藤真希のデビュー当時が色気ありまくりング!
↓↓↓
画像①  画像②  画像③

というわけで、矢部浩之曰く、ASAYANでのギャラは「引くぐらい高かった」そうやで。

ナイナイ岡村、ASAYAN収録中にまさかの骨折! 衝撃シーン
↓↓↓
映像①  映像②  映像③

22日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之が、ギャラが最も高額だった番組を明らかにした。

番組では「未公開アウト放出なのはSP」と題して、「アウト過ぎてスタッフが思わず放送をためらった」というシーンを放送。ナインティナインのギャラについて話題が及ぶと、矢部が最も高額だった番組を告白した。

矢部は「この世界に入って一番ギャラよかった」と前置きし、かつて相方の岡村隆史とともにMCを務めていた「ASAYAN」(テレビ東京系)が、「後にも先にも」最も高額だったと明かす。

出演者たちが驚きの声を上げる中、MCのマツコ・デラックスも「どんだけもらってたの?」と上ずった声で質問すると、矢部は「引くぐらい!」と返してギャラが上がった理由を振り返る。

矢部によると、岡村と番組を「辞めたい」と申し出たそうだ。すると、スタッフは「じゃあ、これだけ」とギャラを上げたのだとか。それでも「いや、違うんすよ。辞めたいんすよ」と主張すると、さらに「じゃあこれだけ」とさらに上積みされたそうだ。

あまりのギャラの高さに、ナインティナインは「やりたいんですよ」と一転。番組を続行したということだった。お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太は「(辞めたかったのは)ポリシーとかじゃなかったの」と、矢部のエピソードにあきれていた。

スポンサーリンク

【ブログランキング】

皆様の清き1票が励みです!

↓↓↓