「平均年収の高い会社」ランキング! 1位は“営業利益率53.7%”のアノ会社【2018年版】

スポンサーリンク

全人類が夢見てやまないもの。。

それはお金だ!!

「他人よりも一円でも多く稼ぎたい」なんて思ってる方も多いんでっしゃろ。

ワシもそうやで。。。ガスト行った時にホンマはラージライスを注文したいし、ドリンクバーも飲みたいんや。

でも、いつもオカズの単品だけで帰ってまうねん。

なんでかって? お金が無いからや。

そんなん言わせるもんちゃうで! 察しなあかん。

というわけで、『東洋経済オンライン』はんが2018年度版の「平均年収が高い会社」ランキングを掲載してまっせ。

1位は計測機器や制御機器を製造するキーエンス。

その平均年収は36.1歳で1861万円やと。。

ワシだってキーエンスで働きたいのぅ。。。お茶汲みでもなんでもやりまっせ^_^

ファッ!? 月収700万円と噂のダレノガレの高級マンションがコチラ
↓↓↓
画像①  画像②  画像③

カネに関する関連記事
↓↓↓
平成ノブシコブシ吉村が驚愕の貯金額を発表!! 25歳頃からコツコツと……

“今絶好調”の野性爆弾のくっきー、最高月収を告白! 普通に働くのがアホらしくなる……




1位はセンサーなどの計測機器や制御機器を作るキーエンス。平均年収は36.1歳で1861万円だ (撮影:尾形文繁)

2月も終わりに近づき、就職活動の本番が目前に迫っている。3月1日以降、ますますあわただしくなるはずだ。残りわずかの間に、できるだけ企業研究を進めておいてほしい。

モノやサービスの値上げが相次ぐ中、会社選びにおいて、高い給料が確保できるかどうかは、誰もが気になるところだろう。だが、企業の新卒採用ホームページを見ても、初任給しか掲載されていないことが多く、実態がつかみづらいのが現状である。

そこで参考にしたいのが、「平均年収」だ。しかし、この平均年収、上場会社であれば『会社四季報』や有価証券報告書で確認できるが、未上場で開示している会社はごく限られる。また、持ち株会社が上場している場合、実際の勤め先となる事業会社のそれとは、異なることも多い。

未上場会社も含めた年収ランキング
ここで活用してほしいのが、『就職四季報2019年版』(総合版、女子版、優良・中堅企業版が発売中)だ。上場・未上場の区別なく平均年収を掲載しており、さらに総合職と、非現業、それぞれの平均年収を調査している点が大きな特徴である(総合版は総合職平均を優先的に掲載)。

今回、総合版の掲載会社1293社のうち、「平均年収」が開示されている1113社の中から、「平均年収が高い」上位300社をランキングとして集計した。ここでランキングを紹介したい。

1位は昨年に続き、計測・制御機器大手のキーエンスだ。平均年収1861万円とダントツのトップ。「超」がつくほどの高収益企業として名高い存在で、直近決算(2017年3月期、9カ月の変則決算)における営業利益率は53.7%を誇る。2位は西日本最大手の民放、朝日放送(1518万円)。3位は7期連続で最高益を更新した不動産のヒューリック(1418万円)で、昨年の8位から順位を上げた。

学生人気の高い大手総合商社も平均年収は高い。5大商社のうち、4位三菱商事(1386万円)、5位伊藤忠商事(1384万円)、7位住友商事(1255万円)、10位丸紅(1221万円)と、4社がトップ10にランクイン。三井物産も11位(1213万円)だ。

同様にマスコミ・広告も上位に名を連ねている。2位の朝日放送を筆頭に、8位日本経済新聞社(1254万円)、9位電通(1248万円)など3社がトップ10に入っている。ほかには、不動産、証券、総合商社などが上位に顔を出す。なお、平均年収1000万円以上の会社は41社、900万円以上は113社となっている。

初任給では各社とも大きな差はないが、平均年収ではこのように数百万円超の差となって表れてくる。待遇を比較・判断する場合、どちらを用いるのが有効かは一目瞭然だろう。

高い初任給=高い平均年収とは限らない
初任給と平均年収には、相関関係があるとは限らない。厚生労働省が公表した最新の賃金構造基本統計調査によると、大卒初任給の平均は20.6万円。対して、本ランキングトップのキーエンスの大卒初任給(B職)は20.5万円と、実は下回っている。

初任給とは、入社1年目の(最初の)月給に過ぎず、昇給やボーナス、残業代などが反映された平均年収とは、内容が大きく異なる。また、企業側から見れば、初任給は固定残業手当などを付与すれば、いくらでも高く見せることができる。ちなみに『就職四季報』(総合版)には、初任給の金額に加え、その内訳も収録しているのでぜひ参考にしてほしい。

平均年収を見るうえで注意しておきたいのは、あくまで現時点の数値であり、将来必ず稼げる額とは限らないということ。残業時間削減など働き方改革が叫ばれているように、今後は働き方が見直され、年収に占める要素は年功から成果へと、よりウエイトが置かれるようになるだろう。

また賃金は労働に対する対価である。高給であればそれ相応の働き方が求められると考えるのが一般的。「待遇重視」や「働きやすさ重視」など人によって、いろんな価値観があるはず。自分らしい働き方をしっかり考えて、より自分にあった会社を見極めることが重要だ。

スポンサーリンク

【ブログランキング】

皆様の清き1票が励みです!

↓↓↓