“超放送事故”やらかしたあの女子アナ、「完全に干された」と話題

スポンサーリンク

神聖なる平昌五輪開会式で司会を務め、「閉会式」と言い間違える超ド級のミスをやらかしていたNHKの桑子真帆アナウンサーがプチ失踪中でんがな。。

桑子アナ、「開会式」で大失態www

テレビでもSNSでもまったく登場せず、「完全に干されたか」と話題になったかと思えば、とある俳優と一緒におりましたとさ。

しかもなぜかちょっとアホヅラです。

なんのこっちゃねん!

ちゃんと反省しいーや!!

ワシはもう許してんで!!

おっぱい大きい子は何しても許されんねん。そういうもんやねん。

アノ俳優と仲良く2ショットしていた桑子アナの「アホヅラ」
↓↓↓
画像①  画像②  画像③

NHKの桑子真帆アナウンサー(30)が、平昌五輪開会式の中継番組で現地司会を務めた後、テレビやSNSで姿を見かけなくなったとネット上で騒ぎになっている件で、俳優・和田正人(38)が17日夜にツイッターで桑子アナと一緒にいることを明かした。

和田はツイッターで、桑子アナのネット騒動を報じた記事を引用したうえで「ここにいますよ」と投稿。和田が指さす横で、桑子アナがきょとんとした顔で写っている写真をアップした。

桑子アナは平昌で開会式中継の司会を務めた後は、キャスターを務める「ニュースウオッチ9」のツイッターでの現地報告も止まっており、ネット上で「五輪開会式以来、桑子ちゃんを見かけない」「桑子さん どこへ行ってしまったの?」「心配しています」「桑子真帆が消えた」と心配する声が集まっている。

中には、桑子アナの五輪開会式中継での言い間違えを指して「閉会式と言い間違えたからなのですか?」と案じる声もあった。

スポンサーリンク

【ブログランキング】

皆様の清き1票が励みです!

↓↓↓